disease name and hospitals
このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊の原因と卵子

不妊治療の検査の項目や手順など知っておくと安心な情報が盛りだくさんなサイトがこちらです。ぜひご覧ください。

不妊に悩んでいるという方の中には卵子の老化が原因になっている場合があります。老化と聞くとどうしても自分を責めてしまいがちですが、これは仕方の無いことです。女性の場合出生時に卵子の数は決まっており、この数が増えていくことはありません。逆に年齢とともに減っていき、出生後既にこの減少は始まります。30歳になると減少に拍車がかかり、どんどんと無くなっていきます。閉経後は卵子の数はゼロになり、出産を行なうことは事実上不可能になります。卵子は新たに作られることはなく、出生時に持つ卵子はその時が来るまで常に体内で保存されています。歳を取るに連れて保存されている卵子は劣化してしまい、年齢が高くなるにつれて健全な卵子の状態を保つのは難しくなってしまいます。食生活や生活習慣でもこの劣化具合は異なりますが、言うならば卵子の老化と言え子供が出来ても障害をもつ確率も高くなってしまいます。

卵子の老化は避けられるものではないですが、検査を行なうことでその数を把握することが可能です。そしてこの検査によっては最適なアプローチを行なうことも可能で、不妊治療を行なう上で検査を行なうことは非常に大切になります。卵子の老化具合を把握するにはAMHと呼ばれる検査が行われます。卵子は発育段階で特定のホルモンを分泌します。このホルモンを測定することで健全な卵子の数を間接的に把握することが可能になります。不妊治療じゃなくてもAMHの検査は可能で、血液検査を行なうことで図ることが可能です。不妊で悩んでいなくても可能なのでちょっと心配と感じた時には一度行なってみるのもいいでしょう。

New Posts

正しい食事生活

不妊という悩みを抱えている女性は、食生活にも気配りをすることが重要です。野菜を多く摂り入れたり健康意識を高めましょう。また無理なダイエットを行うことも不妊に繋がると言われています。

Read More

工夫と取り組み

こどもがほしい、妊娠したいという女性が多く居ます。規則正しい生活習慣、バランスのとれた食事などをしっかりすることが大事です。また血の流れや冷え性にも気をつけましょう。

Read More

不妊治療は検査から

不妊治療を行なう時はまず検査から始めます。検査の種類は数多く、治療の方針によっても行なわれる検査は異なります。長期的に検査を行うこともあり時には治療方針を新たに定めることもあります。

Read More